uncategorized

ホテルのスタンド照明器具(2022年製作)

某ホテルのテーブルスタンド・フロアースタンドの製作をしました。両側の木柱を斜めにデザインした巧みな技法で作りました。木材はタモ材、着色ラッカー塗装で仕上げしました。 テーブルスタンド 高さ590 フロアースタンド 高さ1100
uncategorized

ホテルの特注フロアースタンド(2022年製作)

某ホテルの吹き抜けのラウンジに設置された高さが2mのフロアースタンドの製作でした。木材はタモ材、指定着色のクリアー塗装仕上げをし、四隅には角丸(すみまる)加工で製作しました。
uncategorized

木製特注行燈(2023年製作)

某旅館の行燈、120台の製作をしました。木材はスプルス材を使い、塗装はクリアー仕上げを行いました。上面と四面には、麻雲竜柄のワーロンを貼りました。底板には、滑り止めおよび家具・床の保護のため全面にフェルトを貼りました。
uncategorized

特注フロアースタンド(三本足)

木材はウォールナット材、塗装はオイル仕上げしました。二重セードにより、重厚感あるフロアースタンドになりました。
uncategorized

角丸(すみまる)加工した特注テーブルスタンド

木材はウォールナット材、塗装はオイル仕上げしました。
uncategorized

店舗の特注照明器具(2021年製作)

都内某ホテル内にある静岡のお茶店舗の特注ペンダント(Φ1400×600)を製作いたしました。(設置後の写真を頂きましたので記事にいたしました。) 柿渋和紙を樹脂(透明)シートに貼り、フレームの周りは、接着剤を使って巻き込みました。 柿渋和紙
uncategorized

三方留継ぎ〜木工のディテール②

360°隙の無いツギ 箱型の角部分で、表側のどの方向にも斜めに対称な継ぎ目を見せる「三方留継ぎ」。 角の継ぎ目としては、最も外観に気を配った隙の無い継ぎ方と言える。
uncategorized

接合の種類・接着

接着 接着の意義 木材を接合するには、釘、ボルト、ほぞ、ダボなど多くの手法がありますが、接着はこれらの接合とは異なり、複数の木材を完全に一体化することが可能です。その接合力は極めて強く、木材は接着によってはじめて形状寸法の制限から解き放され...
uncategorized

板目と柾目〜板材の表情

木取り 丸太を板材として製材する場合、その挽き方によって木の表情は全く違う物になります。この丸太から板材を切り出す際のその挽き方を『木取り』と言います。 板材の木取りの方法には、大別して板目いためと柾目まさめがあります。 板目 板目は年輪に...
uncategorized

階段サイン照明のご紹介です

三年前、オーデリック株式会社様の本社改装にともない、階段サインの製作依頼を頂きました。このたび、改装後初めて伺う機会をいただきまして、三年ぶりの再会と相成りましたのでブログで紹介させていただこうと思います。 聞くところによりますとこちらの階...